ありがとう

社長ブログ

 

3月 弥生

春のそよ風と共に野花も楽しげに顔を出してくれる季節

ひなまつり・卒業式・入学式その他色んな行事がありますね。

皆様はお元気でしょうか。(コロナで大変ですね)

私も泪を流した日もありましたが、大切な書物「置かれた場所で咲きなさい」

を読み昔の時のように少しの居場所をみつけ元気で頑張ろうと思っています。

そして最近ゴールドのバスを見ました。「幸せ?」

もっともっと幸せをつかむ事が出来るようみんなで頑張りましょうか。

 

今月は 「3月9日」 レミオロメン 作詞:作曲 藤巻亮太

 

流れる季節の真ん中で

ふと日の長さを感じます

せわしく過ぎる日々の中に

私とあなたで夢を描く

 

3月の風に想いをのせて

桜のつぼみは春へとつづきます

 

溢れ出す光の粒が

少しずつ朝を暖めます

大きなあくびををした後に

少し照れてるあなたの横で

 

新たな世界の入り口に立ち

気づいたことは 1人じゃないってこと

 

瞳を閉じれば あなたが

まぶたのうらに いることで

どれほど強くなれたでしょう

あなたにとって私も そうでありたい

 

砂ぼこり運ぶ つむじ風

洗濯機に絡まりますが

昼前の空の白い月は

なんだかきれいで 見とれました

 

うまくはいかぬこともあるけれど

天を仰げば それさえ小さくて

 

青い空は凛と澄んで

羊雲は静かに揺れる

花咲くを待つ喜びを

分かち合えるのであれば それは幸せ

 

この先も 隣で そっと微笑んで

 

瞳を閉じれば あなたが

まぶたのうらに いることで

どれほど強くなれたでしょう

あなたにとって私も そうでありたい

 

市長が淡路市の6年生・11校の学校で講座をされたそうです。

色々な校風がある中で、一宮小学校の生徒が講座の最後に

3月9日歌を「ア・カ・ペ・ラ」で歌ってくれたそうです。

きっと門市長の講座に感謝のありがとうの気持ちの挨拶だったのでしょうね。

とてもうれしく素直な心を持った

生徒を指導された先生方に拍手を送りたいです。

今月はお彼岸ですね。ご先祖様にお参りしましょうね。

                         感謝

花:菫(スミレ)

花言葉:「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」

ありがとう

社長ブログ

2月如月

春がそこまできてますね

皆さんいかがおすごしですか。私は幼い子どもの頃思いながら 、鼓、三味線、扇子 で唄にあわせて舞を踊ったときのことが、懐かしく祖父やあねに助けられなんとか、結婚式の余興をおわることが出来た唄がこちらです。

A徳若〔とくわか〕に御万歳〔ごまんざい〕とは 君〔きみ〕も栄〔さか〕えてましんます 愛嬌〔あいきょう〕ありける柳腰〔やなぎごし〕 よい中村〔なかむら〕の櫓幕〔やぐらまく〕 櫓太鼓〔やぐらだいこ〕の にぎにぎと 商〔あきな〕い神〔がみ〕の若恵比寿〔わかえびす〕 繁昌〔はんじょう〕ましますその御徳〔おんとく〕に 御田〔おんた〕の稲〔いね〕には穂〔ほ〕に穂をさかえ 宝御船〔たからみふね〕へ万石船〔まんごくぶね〕 色〔いろ〕の実入〔みい〕りに今年綿〔ことしわた〕 誠〔まこと〕に目出度〔めでと〕う候〔そうら〕いける

B やしょめ やしょめ 京〔きょう〕の町〔まち〕の やしょめ 売〔う〕ったるものは何々〔なになに〕 蛤々〔はまぐりはまぐり〕 蛤 蛤々 蛤〔はまぐり〕見〔み〕さいなと 売ったるものは何々 蛤〔はまぐり〕早〔はや〕き貝合〔かいあ〕わせ

C 弥生〔やよい〕は雛〔ひな〕の妹背仲〔いもせなか〕 女雛〔めびな〕男雛〔おびな〕と並〔なら〕べておいて 眺〔なが〕めに飽〔あ〕かぬ三日月〔みかづき〕の 宵〔よい〕に寝〔ね〕よとは後朝〔きぬぎぬ〕に せかれまいとの恋〔こい〕の欲〔よく〕 桜〔さくら〕は酒〔ささ〕が過〔す〕ぎたやら 桃〔もも〕にひぞりて後ろ向き 羨ましうはないかいな

花:たんぽぽ

花言葉:「愛の神託」「神託」「真心の愛」

                   感謝

ありがとう

社長ブログ

感謝

ありがとう

社長ブログ

いつもこの街とともに歩み、この街と一緒に成長し

この街の「人々にとって、在ってもらいたい心のある企業でありたい」と

願っています。

時代に求められる最新の商品と、確かな技術やノウハウを

地域の皆様にご提供したいと考えています。

そしてこれからも、より快適で心地良い暮らしを創造するため

多岐にわたる企業において、たゆまぬ努力を続けてまいります。

今年も一年、誠にありがとうございます。

          

          つるでん株式会社 代表取締役 弦牧 小百合

                             社員一同

 

花:ダイヤモンドリリー

花言葉:『箱入り娘』『繊細でしなやか』『忍耐』

ありがとう

社長ブログ

こんにちは

寒い毎日が続いていますが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年も、残すところあと7日となって

忙しくされていませんか。

令和の年

色々なことがありましたね、私の今年一年は

皇后雅子様なくしては語ることはできません。

今年の一文字を「泪」と私は勝手に決めました。

皇后雅子様の夜のコンサート(大丈夫君と笑っている)

パレード、パレードを終え帰られた皇后雅子様に

「ママとても素敵だったよ」と

愛子様の言葉に抱きしめ泪をながされたようです。

すべてこの「泪」という文字が物語ってるように思います。

そして、愛しい(やさしい)笑顔、本当に素敵でした。

本当にお幸せをお祈り申し上げます。

 

一言、みなさんおぼえているでしょうか、

何十年か前に清原選手の少年時代の涙を流させたのは

大人の勝手な行動ではなかったでしょうか。

11月30日に清原選手は監督として試合を行い

たくさんの方の優しい応援でまた涙を流しました。

これからきっと息子さん二人がお父さんの少年時代を思い

頑張って野球の練習に励んでいる様子です。

私は、この兄弟がバックスクリーンに「清原」と

出ることを心から応援しています。

花:メルヘンランド

花言葉:「思いやり」「幸せ」「ひかえめな美」

 

ありがとう

社長ブログ

11月霜月

花:「ハマナスの花」

花言葉:「香り豊か」「照り映える容色」

      「あなたの魅力に惹かれます」

 

天皇陛下・皇后陛下

御即位おめでとうございます。

雅子皇后様、本当にうれしくお祝い申し上げます。

ありがとう

社長ブログ

10月神無月

お元気でしょうか

秋も少しづつ深まり山の色も静かに変わりつつあります

良い季節もあっという間に終わってしまいそうですね

10月は 30日創業者の13回忌、両親の50回忌をご住職様の

心のこもった供養をしていただきホット一息がつきました。

ありがとうございます。

28日は私も誕生日をむかえました。

最近は体調が悪く、朝の太陽に手を合わし夕暮れの太陽に

感謝する今日この頃

でも、歌うことが好きなので今日もこんな歌を歌ってみています。

 

「花のように鳥のように」

作詞:阿久悠 作曲:杉本真人

 

そこにあるから追いかけて

行けばはかない逃げ水の

それがしあわせあるよでなくて

だけど夢見る願かける

花のように鳥のように

世の中に生まれたらいちずに

あるがままの生き方がしあわせに近い

 

誰がわたしを捨てるでしょう

いつもこんなに一筋に

こころを捧げてなさけをかけて

愛をいっぱいあげたのに

花のように鳥のように

限りある一生を信じて

生きることが何よりもしあわせに近い

ラララ…ララ…

ラララララ…

あるがままの生き方がしわわせに近い

(昔、三洋電機社長が好きだった歌手のように思っています)

これからも、凛と前を向いていこうかな。

                       感謝

花:ガーベラ

花言葉:「希望、前向き、美しさ」「崇高な愛、思いやり」

ありがとう

社長ブログ

 

9月長月

早朝のさわやかな風が心地よく感じ茜色の太陽と共に

過ごす今日このごろ。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

海を眺め、太陽に手を合わせ心のなかに響く歌が…

 

海その愛  歌:加山雄三 作詞:岩谷時子 作曲:弾厚作

海に抱かれて 男ならば

たとえ破れても もえる夢を持とう 

海に抱かれて 男ならば

たとえ独りでも 星をよみながら

海の上を 行こう

海よ俺の海よ 大きなその愛よ

男の想いを その胸に抱きとめて

あしたの希望を

俺たちにくれるのだ

 

海に抱かれて 男ならば

たとえ一つでも いのちあずけよう

海に抱かれて 男ならば

たとえ一度でも 嵐のりこえて

遠い国へ行こう

海よ俺の母よ 大きなその愛よ

男のむなしさ ふところに抱き寄せて

忘れさせるのさ

やすらぎをくれるのだ

 

海よ俺の海よ 大きなその愛よ

男の想いを その胸に抱きとめて

あしたの希望を

俺たちにくれるのだ

9月はお彼岸ご先祖様にお参りしましょうか

                    感謝

花:泰山木

花言葉:「真の輝き」「前途洋々」「威厳」

ありがとう

社長ブログ

 

花言葉は「希望」「すがすがしい美しさ」「優美」。

 

八月葉月 早朝の空はお星さまがとても綺麗でした。

淡路市は田舎のようで、街のようで、

散歩していると、ふと1件のお家から温かいピンクの灯りが見えました。

きっと心が優しい方々が住んでいるんだろうと思いながら歩きました。

心がなぜかホッとしました。

夏 いつものように甲子園が始まりますね。

毎年毎年仕事のことを忘れ、心を奪われております。

今回は、始まる前から心を痛めています。

そんな時、たまたま社員がこんな歌を歌いました。

私も一緒に歌ってしまいました。

手紙 ~拝啓 十五の君へ~

作詞 アンジェラ・アキ

作曲 アンジェラ・アキ

唄  アンジェラ・アキ

拝啓 この手紙読んでいるあなたは どこで何をしているのだろう

十五の僕には誰にも話せない 悩みの種があるのです

未来の自分に宛てて書く手紙なら

きっと素直に打ち明けられるだろう

 

今 負けそうで泣きそうで消えてしまいそうな僕は

誰の言葉を信じ歩けばいいの?

ひとつしかないこの胸が何度もばらばらに割れて

苦しい中で今を生きている

今を生きている

 

拝啓 ありがとう 十五のあなたに伝えたい事があるのです

自分とは何でどこへ向かうべきか問い続ければ見えてくる

 

荒れた青春の海は厳しいけれど

明日の岸辺へと夢の舟よ進め

 

今負けないで泣かないで消えてしまいそうな時は

自分の声を信じ歩けばいいの

大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど

苦しくて甘い今を生きている

 

人生の全てに意味があるから恐れずにあなたの夢を育てて

Keep on believing

 

負けそうで泣きそうで消えてしまいそうな僕は

誰の言葉を信じ歩けばいいの?

ああ負けないで泣かないで消えてしまいそうな時は

自分の声を信じ歩けばいいの

いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど

笑顔を見せて今を生きていこう

今を生きていこう

 

拝啓 この手紙を読んでいるあなたが

幸せな事を願います

感謝

 

ありがとう

社長ブログ

7月文月

お元気ですか?

7月7日 七夕(創業者の生まれた日)今日はお星様がたくさん輝きそうですね

7月17日 昭和46年 旧三洋電機(株)様のご協力のもと

三洋の店としてツルデンがおぎゃーと生まれました。

創業50年たくさんの皆様、たくさんの社員よりいただいたご厚志

ご支援ありがたく、これからもまた50年を目指して素晴らしい社員と共に

頑張って素直で正しく、心から喜んでいただける企業として

前進していきたいと思います。

つるでんを守り・愛してくださる皆様ありがとうございます。

毎日毎日照らし見守ってくれる太陽に感謝いたします。

 

愛燦燦

歌詞・作曲 小椋佳

あめ さんさんと このみにおちて

わずかばかりのうんのわるさを うらんだりして

ひとはかない かなしいものですね

それでもかこたちは やさしくまつげにいこう

じんせいって ふしぎなものですね

 

かぜ さんざんと このみにあれて

おもいどおりにならないゆめを しつくしたりして

ひとはかよわい かよわいものですね

それでもみらいたちは ひとまちがおしてほほえむ

じんせいって うれしいものですね

 

愛 さんさんと このみにふって

こころひそかなうれしなみだを ながしたりして

ひとはかわいい かわいいものですね

ああ かこたちは やさしくまつげにいこう

じんせいって ふしぎなものですね

 

ああ 未来達は ひとまちがおしてほほえむ

人生って 嬉しいものですね

 

花:ひまわり

花言葉:「憧れ」「あなただけを見つめる」「高貴」

« 古い記事