ありがとう

社長ブログ

 

9月長月

早朝のさわやかな風が心地よく感じ茜色の太陽と共に

過ごす今日このごろ。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

海を眺め、太陽に手を合わせ心のなかに響く歌が…

 

海その愛  歌:加山雄三 作詞:岩谷時子 作曲:弾厚作

海に抱かれて 男ならば

たとえ破れても もえる夢を持とう 

海に抱かれて 男ならば

たとえ独りでも 星をよみながら

海の上を 行こう

海よ俺の海よ 大きなその愛よ

男の想いを その胸に抱きとめて

あしたの希望を

俺たちにくれるのだ

 

海に抱かれて 男ならば

たとえ一つでも いのちあずけよう

海に抱かれて 男ならば

たとえ一度でも 嵐のりこえて

遠い国へ行こう

海よ俺の母よ 大きなその愛よ

男のむなしさ ふところに抱き寄せて

忘れさせるのさ

やすらぎをくれるのだ

 

海よ俺の海よ 大きなその愛よ

男の想いを その胸に抱きとめて

あしたの希望を

俺たちにくれるのだ

9月はお彼岸ご先祖様にお参りしましょうか

                    感謝

花:泰山木

花言葉:「真の輝き」「前途洋々」「威厳」

ありがとう

社長ブログ

 

花言葉は「希望」「すがすがしい美しさ」「優美」。

 

八月葉月 早朝の空はお星さまがとても綺麗でした。

淡路市は田舎のようで、街のようで、

散歩していると、ふと1件のお家から温かいピンクの灯りが見えました。

きっと心が優しい方々が住んでいるんだろうと思いながら歩きました。

心がなぜかホッとしました。

夏 いつものように甲子園が始まりますね。

毎年毎年仕事のことを忘れ、心を奪われております。

今回は、始まる前から心を痛めています。

そんな時、たまたま社員がこんな歌を歌いました。

私も一緒に歌ってしまいました。

手紙 ~拝啓 十五の君へ~

作詞 アンジェラ・アキ

作曲 アンジェラ・アキ

唄  アンジェラ・アキ

拝啓 この手紙読んでいるあなたは どこで何をしているのだろう

十五の僕には誰にも話せない 悩みの種があるのです

未来の自分に宛てて書く手紙なら

きっと素直に打ち明けられるだろう

 

今 負けそうで泣きそうで消えてしまいそうな僕は

誰の言葉を信じ歩けばいいの?

ひとつしかないこの胸が何度もばらばらに割れて

苦しい中で今を生きている

今を生きている

 

拝啓 ありがとう 十五のあなたに伝えたい事があるのです

自分とは何でどこへ向かうべきか問い続ければ見えてくる

 

荒れた青春の海は厳しいけれど

明日の岸辺へと夢の舟よ進め

 

今負けないで泣かないで消えてしまいそうな時は

自分の声を信じ歩けばいいの

大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど

苦しくて甘い今を生きている

 

人生の全てに意味があるから恐れずにあなたの夢を育てて

Keep on believing

 

負けそうで泣きそうで消えてしまいそうな僕は

誰の言葉を信じ歩けばいいの?

ああ負けないで泣かないで消えてしまいそうな時は

自分の声を信じ歩けばいいの

いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど

笑顔を見せて今を生きていこう

今を生きていこう

 

拝啓 この手紙を読んでいるあなたが

幸せな事を願います

感謝

 

ありがとう

社長ブログ

7月文月

お元気ですか?

7月7日 七夕(創業者の生まれた日)今日はお星様がたくさん輝きそうですね

7月17日 昭和46年 旧三洋電機(株)様のご協力のもと

三洋の店としてツルデンがおぎゃーと生まれました。

創業50年たくさんの皆様、たくさんの社員よりいただいたご厚志

ご支援ありがたく、これからもまた50年を目指して素晴らしい社員と共に

頑張って素直で正しく、心から喜んでいただける企業として

前進していきたいと思います。

つるでんを守り・愛してくださる皆様ありがとうございます。

毎日毎日照らし見守ってくれる太陽に感謝いたします。

 

愛燦燦

歌詞・作曲 小椋佳

あめ さんさんと このみにおちて

わずかばかりのうんのわるさを うらんだりして

ひとはかない かなしいものですね

それでもかこたちは やさしくまつげにいこう

じんせいって ふしぎなものですね

 

かぜ さんざんと このみにあれて

おもいどおりにならないゆめを しつくしたりして

ひとはかよわい かよわいものですね

それでもみらいたちは ひとまちがおしてほほえむ

じんせいって うれしいものですね

 

愛 さんさんと このみにふって

こころひそかなうれしなみだを ながしたりして

ひとはかわいい かわいいものですね

ああ かこたちは やさしくまつげにいこう

じんせいって ふしぎなものですね

 

ああ 未来達は ひとまちがおしてほほえむ

人生って 嬉しいものですね

 

花:ひまわり

花言葉:「憧れ」「あなただけを見つめる」「高貴」

ありがとう

社長ブログ

天皇皇后両陛下ご即位お慶び申し上げます。

令和を迎えるにあたって、笑顔あり、品位あり、美しく聡明で温かみのある

両陛下のお姿を拝見し

昔陛下が「僕の一生をかけて守っていきます」と言われた

言葉が今の両陛下のお姿と重なって嬉し涙で御祝申し上げました。

 

初春の令月にして気淑(よ)く風和ぎ

梅は鏡前の粉(こ)を披き

蘭は珮後(はいご)の香を薫らす            

              万葉集より

 

水無月 6月拝啓お父ちゃん

もうすぐ父の日が来ますね。

お父ちゃんは昔、近衛兵で皇室をお守りしてたように聞いてます。

そして、イケメンだったと母から聞いてます。

今日この頃、大好きなお父ちゃんの事を思い涙する日が多い日々です。

優しい心を持つことを教えてくれた お父ちゃん、お母ちゃん ありがとう。

でもこれからは苦しいことにも耐え

生きていく強さを持って行きたいと思います。

                      感謝

 

 

花:ハマナス

花言葉『美しい悲しみ』『あなたの魅力にひかれます』『香り豊』

ありがとう

社長ブログ

お元気ですか?

この道 北原白秋作詞、山田耕筰作曲

この道は いつか来た道
ああ そうだよ
あかしやの花が咲いてる

あの丘は いつか見た丘
ああ そうだよ
ほら 白い時計台だよ

この道は いつか来た道
ああ そうだよ
お母さまと馬車で行ったよ

あの雲も いつか見た雲
ああ そうだよ
山査子(さんざし)の枝も垂れてる

皆様も一度、素敵な歌なのでお聞きください。

                      感謝

花:サンザシ

花言葉:『希望』『ただ一つの恋』『成功を待つ』『厳格』

ありがとう

社長ブログ

砂山の砂にはらばひ 初恋の いたみを遠くおもひ出づる日

                    

                    -石川啄木

                       「一握の砂」

お元気ですか?

心にしみわたる詩ですね。

遠い昔を思い出せば私の初恋…

とても手の届かない長嶋茂雄さんだったかな…

それにまだ、お嫁さんになりたいと心に決め

テレビで野球をみてた幼い小学校時代がなつかしいです。

今は笑顔忘れず、初心を忘れず働かせて頂いています。

感謝を忘れず頑張って生きていこうと思います。

                         感謝

花:紅なつめくさ

花言葉:「少女の思い出」

 

 

ありがとう

社長ブログ

お元気ですか?

弥生(やよい)3月 淡路島にも春風が次第にやわらかく陽光の下

我が家の庭の芝桜も少しづつ、さくら色の花がそっと

顔を出して心をなごませてくれます。

春はすぐそこです。

四季を楽しめる日本(淡路市)も本当にステキです。

皆様は、いかがおすごしでしょうか?

                          感謝

花:芝桜

花言葉「忍耐、耐える力」「一筋」「希望」「誠実な愛」

ありがとう

社長ブログ

花 : 菜の花

花言葉 「快活な愛」「競争」「小さな幸せ」

 

こんにちは。

春の足音が聞こえてくるような季節になりましたね。

皆様にも幸せな足音が訪れるといいですね・・・。

感謝

ありがとう

社長ブログ

         感謝

ありがとう

社長ブログ

いつもこの街とともに歩み、この街と一緒に成長し

この街の「人々にとって、在ってもらいたい心のある企業でありたい」と

願っています。時代に求められる最新の商品と、確かな技術やノウハウを

地域の皆様にご提供したいと考えています。

そしてこれからも、より快適で心地良い暮らしを創造するため

多岐にわたる企業において、たゆまぬ努力を続けてまいります。

今年も一年、誠にありがとうございます。

        

          つるでん株式会社 代表取締役社長 弦牧 小百合

                             社員一同

 

 

 

花:ダイヤモンドリリー

花言葉:『箱入り娘』『繊細でしなやか』『忍耐』

« 古い記事