ありがとう

社長ブログ

11月 霜月

「泪」

こんにちわ。心深く思う秋ですね。

春夏秋冬 早いですね、1年って。

 

春はたんぽぽ、すみれ、れんげ草、梅、そして桜などみんなそれぞれの心を温かくしてくれますね

夏はひまわり、蝉が泣き、太陽が大きく海も広く美しく強くもなりますね。

秋は秋桜、桔梗、曼珠沙華(今年は遅く咲きましたね)、真っ赤な色が一段と美しく昔を思い起こします(大好きな花です)

 

「曼珠沙華 抱くほどとれど 母恋し」

 

そして秋は釣りですね。甥っ子が大好きでした。1度私も頑張って釣りもしてみたいですね。

大好きな歌「愛の賛歌」や読書「置かれた場所で咲きなさい」。島は真っ赤に染まり温かい心があります。

冬は真っ白なゆりの花が似合いますね。大きなゆり、小さなゆり、子供の時のように清楚で真っ白は素直で正しい心の花のように思います。

この花も大好きです。

 

1年色々とありましたが正しい道を「堂々と進んでいけよ」とある方が励まして下さいました。私もS.K.Dの心で正しい道を前に進んでいこうと思います。ご先祖様に感謝しながら…。

皆様もこれから寒い日々になってくると思います。

どうぞご自愛下さい。感謝

 

「布施明 Walk」

どこまで歩けば答えはあるのか
道とは言えない荒れ地ばかり選んできた
ひたすら夜明けを信じて
どれだけ泣いたら涙は尽きるか
時には心が先を阻む壁にもなる
 
それでも行くしかないのに
まだ歌は終わらないその先にあなたが待ってるから
この声届くようにとまた前を向いて
孤独は誰にも逃げられないもの
そこには生まれてきた理由がかならずある
 
あなたに出逢った時から
まだ歌は終わらないその先に明日が待ってるなら
この愛届くようにとまた前を向いて
ただ前を向いて
 


 

花:カサブランカ

花言葉:「純粋」「祝福」「雄大な愛」
                    感謝

ありがとう

社長ブログ

10月 神無月

こんにちわ。

お月様 今年の秋は大変美しかったですね。

雲にも遮られることなく凛と輝いている様に感動し、
幸せになれるように手を合わせました。

でも、わたくしの心境は疲れ気味ですが…。

こんな曲に励まされてます。

 

「宮本浩次 - P.S. I love you -」

ああ 愛してるぜきみを P.S. I love you
例えば若き日の夢が 悲しみと交差するとき
その時から人のナミダが 希望を語りはじめるのさ
悲しみの歴史それが 人の歴史だとしても
ああ やっぱ何度でも立ちあがる人の姿は どこかまぶしい
 
雨の日傘をさすように 歩いてゆこう
ゆこう ゆこう 大人の本気で さあ 立ち上がろう
 
I love you I love you 悲しみの向こう
立ち上がれ がんばろぜ バカらしくも愛しき ああこの世界
I love you I love you いつまでも輝きもとめて
ああ 愛してるぜ日々を P.S. I love you
 
愛って何だかわかった日が きっと新たな誕生日
出会いと別れ ああ 人生を経て 宝物を手に入れたのさ
悲しみの歴史それが 人の歴史だとしても
ああ ひとつぶのナミダのその向こうに きみの笑顔を見つけた
 
晴れた日 自然に足どり軽くなるように
ゆこう ゆこう 大人の旅路は着の身着のままがいい
 
愛してる 愛してる 悲しみの向こう
立ち上がれ がんばろぜ はかなくもうるわしき ああこの世界
I love you I love you いつの日も喜びもとめて
ああ 愛してるぜ日々を P.S. I love you
 
愛してる 愛してる 悲しみの向こう
立ち上がれ がんばろぜ バカらしくも愛しき ああこの世界
I love you I love you いつまでも輝きもとめて
ああ 愛してるぜきみを P.S. I love you
P.S. I love you I love you

 

大変良い歌だと思います。

皆様これから季節も変わってきますが、お身体をご自愛ください。

 

花:オレンジの薔薇

花言葉:「絆」
                    感謝

ありがとう

社長ブログ

9月 長月

皆さんこんにちわ。

暑い秋が始まりましたね。

正義は美しい事と思いますが、なかなか簡単に歩むことは難しいです。

 

 

花:キキョウ

花言葉:「正義」
                    感謝

ありがとう

社長ブログ

8月 葉月

庭のさるすべりの花が咲きました。

ユリもおおきな白い花を咲かせてくれています。

夏の風景が色々と心に浮かんできます。

今年はふるさとの実家で育った昔の子供の頃の事が

懐かしく思う今日この頃です。

 

突然ですが、皆さんはこんな歌をおぼえていますか?

私は朝7時半から始まっている「アルプスの少女ハイジ」のテレビに

気持ちが優しく持つことができるように思います。

昔は娘を育てる中で一番の番組でした。

大切な心の物語だと思います。

その中でこんな歌があるのですが…

 

「ユキとわたし」

まっしろな 子山羊
なまえは ユキ
いつかしら はじめて
あなたと であったのは
そうね
あの 泉のほとり
冷たい水を いっしょにのんだ日

かわいい 子山羊
なまえは ユキ
いつかしら あなたと
なかよしに なったのは
そうね
わたしのあとから
首のすずを ならしてついてきた日

そうね
あの 泉のほとり
冷たい水を いっしょにのんだ日

 

なにか心があらわれる気持ちにさせてくれる歌ですね。

皆様暑い夏ですが、負けないようにお身体をご自愛ください。

 

花:薔薇

花言葉:「上品」「気品」「しとやか」「暖かい心」「恋の誓い」
                    感謝

ありがとう

社長ブログ

7月 文月

こんにちは

夏が来ましたね。頑張って乗り越えましょう。

 

 

 

花:ひまわり

花言葉:「憧れ」「あなただけを見つめる」

                    感謝

 

ありがとう

社長ブログ

6月 水無月

口笛  大変懐かしく心にひびきました。

曲は3月9日でしたね。

ゆっこは世界一だよ。

 

歌:マイ・ウェイ

作詞:THIBAUT GILLES 歌手:布施明

今船出が近づくこの時に

ふとたたずみ私は振りかえる

遠く旅して歩いた若い日を

すべて心に決めたままに

愛と涙とほほえみにあふれ

今思えば楽しい思い出よ

君につげよう

まよわずに行くことを

君の心の決めたままに

私には愛する歌があるから

信じたこの道を私は行くだけ

すべては心の決めたままに

愛と涙とほほえみにあふれ

今思えば楽しい想い出よ

君につげよう

まよわずに行くことを

君の心の決めたままに

私には愛する…  (ゆっこ唄はとどきましたか)

花:白木蓮

花言葉:「恩恵」「自然への愛」「高潔な心」            

                     感謝

 

 

 

ありがとう

社長ブログ

5月 皐月

こんにちは、みなさんお元気でしょうか。

私は3月26日に事故で47歳の甥っ子を亡くしてしまいました。

言い切れないほどの優しさをいただきました。

会ったときに、あなたの顔はやさしい観音菩薩様のような表情で、足は弘法大師様のようで

きっと47年間だけど、たくさんたくさん歩いた足だけど綺麗な足だったよ。

お疲れさんでしたね。

昼は太陽となり、夜はお星様となって見守ってくれているように思います。

ほんとうにありがとう。

私はずっと唄を歌い続けます。

甥っ子(ゆっこ)にとどくように…

 

歌:アメイジング・グレイス

作詞:ジョン・ニュートン 歌手:本田美奈子

Amazing grace, how sweet the sound
That saved a wretch like me
I once was lost, but now I’m found
Was blind, but now I see

やさしい愛の てのひらで

今日もわたしは うたおう

何も知らずに 生きてきた

わたしは もう迷わない

ひかり輝く 幸せを

与えたもうた あなた

おおきなみむねに ゆだねましょう

続く世界の 平和を

Amazing grace, how sweet the sound
That saved a wretch like me
I once was lost, but now I’m found
Was blind, but now I see

 

 

花:アマリリス

花言葉:「誇り」「すばらしく美しい」

                    感謝

ありがとう

社長ブログ

4月 卯月

陽春のとき

 

歌:花になれ

作詞・作曲:指田郁也

 

あなたは今笑えてますか?

どんな息をしてますか?

 

人混みに強がりながら

「負けないように」と

歩いているんだろう

 

足許のそのはなでさえ

生きる事を

迷いはしない

 

「生きてゆけ」

僕らは今、風の中で

それぞれの空を見上げてる

ぶつかっていいんだ

泣いたっていいんだ

どこかに答えはあるから

 

「あきらめないで」

どんな明日も苦しいほど

その命は強く輝く

風に立つ一輪

僕たちも花になれる

 

あなたは今気づいてますか?

大きな力はその手にあること

 

勇気は今、光になる

未完成でいい

立ち向かえる

 

その胸に抱いてる種は

いつかきっと

夢を咲かすよ

 

「負けないで」

誰もが今、時の中で

それぞれの明日を探している

傷ついていいんだ

間違っていいんだ

何度も立ち上がればいい

 

ただひとつだけ

その未来へ手を伸ばして

真っ直ぐに咲く花のように

人は誰でも強くなれる

あなたもきっとなれる

 

答えのない毎日に

立ち止まっても

その涙は始まりのサイン

ほら太陽が

優しい風が

僕らをみつめているから

 

「生きてゆけ」

僕らは今、風の中で

それぞれの空を見上げてる

ぶつかっていいんだ

泣いたっていいんだ

かならず答えはあるから

「あきらめないで」

どんな明日も苦しいほど

その命は強く輝く

 

風に立つ一輪

僕たちも花になれる

 

風に咲く一輪

僕たちも花になれる

 

 

歌:さくら(独唱)

作詞・作曲:森山直太朗

 

僕らはきっと待ってる

君とまた会える日々を

さくら並木の道の上で

手を振り叫ぶよ

どんなに苦しいときも

君は笑っているから

挫けそうになりかけても

頑張れるきがしたよ

霞みゆく景色の中に

あの日の唄が聞こえる

さくら さくら 今、咲き誇る

刹那に散りゆく運命と知って

さらば友よ旅立ちの刻

変わらないその想いを今

 

今なら言えるだろうか

偽りのない言葉

輝ける君の未来を

願う本当の言葉

移りゆく街はまるで

僕らを急かすように

さくら さくら ただ舞い落ちる

いつか生まれ変わる瞬間を信じ

泣くな友よ 今惜別の時

飾らないあの笑顔でさあ

さくら さくら いざ舞い上がれ

永遠にさんざめく光をあびて

さらば友よまたこの場所で会おう

さくら舞い散る道の上で

 

花:風信子(ヒヤシンス)

ありがとう

社長ブログ

 

3月 弥生

春のそよ風と共に野花も楽しげに顔を出してくれる季節

ひなまつり・卒業式・入学式その他色んな行事がありますね。

皆様はお元気でしょうか。(コロナで大変ですね)

私も泪を流した日もありましたが、大切な書物「置かれた場所で咲きなさい」

を読み昔の時のように少しの居場所をみつけ元気で頑張ろうと思っています。

そして最近ゴールドのバスを見ました。「幸せ?」

もっともっと幸せをつかむ事が出来るようみんなで頑張りましょうか。

 

今月は 「3月9日」 レミオロメン 作詞:作曲 藤巻亮太

 

流れる季節の真ん中で

ふと日の長さを感じます

せわしく過ぎる日々の中に

私とあなたで夢を描く

 

3月の風に想いをのせて

桜のつぼみは春へとつづきます

 

溢れ出す光の粒が

少しずつ朝を暖めます

大きなあくびををした後に

少し照れてるあなたの横で

 

新たな世界の入り口に立ち

気づいたことは 1人じゃないってこと

 

瞳を閉じれば あなたが

まぶたのうらに いることで

どれほど強くなれたでしょう

あなたにとって私も そうでありたい

 

砂ぼこり運ぶ つむじ風

洗濯機に絡まりますが

昼前の空の白い月は

なんだかきれいで 見とれました

 

うまくはいかぬこともあるけれど

天を仰げば それさえ小さくて

 

青い空は凛と澄んで

羊雲は静かに揺れる

花咲くを待つ喜びを

分かち合えるのであれば それは幸せ

 

この先も 隣で そっと微笑んで

 

瞳を閉じれば あなたが

まぶたのうらに いることで

どれほど強くなれたでしょう

あなたにとって私も そうでありたい

 

市長が淡路市の6年生・11校の学校で講座をされたそうです。

色々な校風がある中で、一宮小学校の生徒が講座の最後に

3月9日歌を「ア・カ・ペ・ラ」で歌ってくれたそうです。

きっと門市長の講座に感謝のありがとうの気持ちの挨拶だったのでしょうね。

とてもうれしく素直な心を持った

生徒を指導された先生方に拍手を送りたいです。

今月はお彼岸ですね。ご先祖様にお参りしましょうね。

                         感謝

花:菫(スミレ)

花言葉:「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」

ありがとう

社長ブログ

2月如月

春がそこまできてますね

皆さんいかがおすごしですか。私は幼い子どもの頃思いながら 、鼓、三味線、扇子 で唄にあわせて舞を踊ったときのことが、懐かしく祖父やあねに助けられなんとか、結婚式の余興をおわることが出来た唄がこちらです。

A徳若〔とくわか〕に御万歳〔ごまんざい〕とは 君〔きみ〕も栄〔さか〕えてましんます 愛嬌〔あいきょう〕ありける柳腰〔やなぎごし〕 よい中村〔なかむら〕の櫓幕〔やぐらまく〕 櫓太鼓〔やぐらだいこ〕の にぎにぎと 商〔あきな〕い神〔がみ〕の若恵比寿〔わかえびす〕 繁昌〔はんじょう〕ましますその御徳〔おんとく〕に 御田〔おんた〕の稲〔いね〕には穂〔ほ〕に穂をさかえ 宝御船〔たからみふね〕へ万石船〔まんごくぶね〕 色〔いろ〕の実入〔みい〕りに今年綿〔ことしわた〕 誠〔まこと〕に目出度〔めでと〕う候〔そうら〕いける

B やしょめ やしょめ 京〔きょう〕の町〔まち〕の やしょめ 売〔う〕ったるものは何々〔なになに〕 蛤々〔はまぐりはまぐり〕 蛤 蛤々 蛤〔はまぐり〕見〔み〕さいなと 売ったるものは何々 蛤〔はまぐり〕早〔はや〕き貝合〔かいあ〕わせ

C 弥生〔やよい〕は雛〔ひな〕の妹背仲〔いもせなか〕 女雛〔めびな〕男雛〔おびな〕と並〔なら〕べておいて 眺〔なが〕めに飽〔あ〕かぬ三日月〔みかづき〕の 宵〔よい〕に寝〔ね〕よとは後朝〔きぬぎぬ〕に せかれまいとの恋〔こい〕の欲〔よく〕 桜〔さくら〕は酒〔ささ〕が過〔す〕ぎたやら 桃〔もも〕にひぞりて後ろ向き 羨ましうはないかいな

花:たんぽぽ

花言葉:「愛の神託」「神託」「真心の愛」

                   感謝

« 古い記事